「ほっ」と。キャンペーン

ブルーベリージャムロール

ブルーベリージャムをくるくるっと巻き込んだロールケーキを作りました。
レシピはなかしましほさんの「まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本」から。
甘さ控えめの生地にジャムの甘みがちょうどよくて、休日のいいおやつになりました。
d0040300_13235655.jpg

今年初めに作った味噌。とってもおいしくできました。(へで、ありがとう♪)
夫も「味噌変えた?まろやかでおいしい」とすぐに気づいていました。
それから「ぼくはあなたが作った玉葱とわかめの味噌汁が一番好きですよ」とも言ってくれました。
単純な私は、それだけで「もっとおいしい味噌汁を作ろう!」と思えます。(笑)
我が家の味噌汁のこだわりは、必ず「南関あげ」を入れること。私にとっては「南関あげの味噌汁」は生まれてからずっと飲んでいる“ソウルフード”なのですが、夫も今ではこれがないと物足りないのだそうです。
味噌汁のだしはかつおぶし・にぼしを使い分けていましたが、どちらも大量に買うと保存中に香りが飛んでしまって…。最近はだしパックに頼っています。
思い切ってかつおぶし削り器を使ってみようかな…。
実家にあるはずなので今度探しに行こう♪
小さい頃は母のお手伝いでよく削っていました。
あれならなんとか続きそうかな?とも思います。

味噌汁がおいしいとそれだけで満足なので、一人の時は味噌汁とごはんだけで済ませることもしょっちゅう。
冷蔵庫の残り野菜をたっぷり入れて具だくさんにした味噌汁に、卵を落として半熟にしてごはんにかける、いわゆる“ねこまんま”も好きなんです。
母にはいつも「行儀が悪い!」と怒られましたけれど。(笑)
d0040300_1324191.jpg

いまは棒針編みの真っ最中です。(気分転換に、合間合間にレース編みもやりながら…)
これは友達からの頼まれもの。
毛糸は肌触りが良いので、編んでいる間楽しいです♪
押し入れいっぱいに毛糸をため込んでいた編み物好きの祖母と母の血を自分も色濃くひいているのではないかと思う今日この頃。
使うあてのない毛糸を買うのだけはやめておこう…。
d0040300_13242899.jpg

ある日の夕食。
久しぶりにおでんを作りました。
初日は無言で食べていた夫…。
毎日煮返したおでんを三日後に出したときは「やっぱりおでんは日が経ってからのがおいしいよね」と言いながら喜んで食べていました。
ところで、おでんのときの献立にはいつも困ります。
今回はおでんのだしを作りすぎたので、それでかやくめしを炊き、水菜のおひたしを添えました。
d0040300_1324422.jpg

夫の定時退社日に作ったごはん。
ちょっと頑張ってます。(笑)
海老のチリソース、玉葱とわかめの味噌汁、豆苗と豆もやしのナムル、さんまの黒酢煮、なすのごま風味おひたしのみょうが添え、しめじとエリンギの炊き込みごはんです。
d0040300_1324114.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-10-13 14:15 | 日記
<< 水彩色鉛筆 クローバー柄のブランケット >>