「ほっ」と。キャンペーン

ご無沙汰しています

先日、義父が亡くなりました。
一時はリハビリで伝い歩きも出来るほど体力が回復し、退院もそう遠い日ではないかも…と思っていたので、残念でなりません。
体調不良の義母に代わり夫が喪主をつとめたため、私も夫と一緒にバタバタしていました。

亡くなる数日前に大阪までお見舞いに行った時は肺炎から回復したばかりで大分弱ってはいましたが、とくに危ないということもなくこのまま元気になってくれると信じていたので、覚悟もなにも出来ておらず…。
本当に突然でした。
だから未だに実感がわかないというか…病院にまだ義父がいるような気もするのです。

義父のお見舞いのときはいつも別れ際に義父の手を握って帰るようにしていたのですが、最後に見舞った時は初めて義父が自分から手を差し出して、何度も私の手を握ってくれました。
その様子がいつもと違っていたので、夫と「手を握られて嬉しかったんだけど、お父さん少し変じゃなかった?」「身体がしんどくて気弱になっているんだろう」と話をしていたのですが…。
「もう自分はダメかもしれない」と思っていたのかもしれないと思うとかわいそうでたまりません。

元気にふるまってはいますが時々心ここにあらずになる夫の気持ちが私にはよくわかるので、言葉もなくて。
夫のそばにいてあげたいと思っています。

義父が亡くなる少し前にカメラを買い換えましたので、パソコンのセットアップが出来ていません。
日記の更新は明日以降になりそうです。
この日記のコメント欄は閉じさせていただきますね。
[PR]
by 2005choco | 2009-12-08 17:01 | 日記
<< 新しいカメラ 焼きりんご >>