ご無沙汰しました

長らくご無沙汰してしまいごめんなさい。
実家の母が入院してしまったのです。
母は病気のため二年前から寝たり起きたりの生活をしていて、先月から二週間ほど三重に療養に来てくれていました。
大阪へ戻る途中に倒れて、救急車でそのまま三重の病院へ運び込まれたときは、私も家族も気が動転してしまいました。(三重で良かったです・・・。滋賀や京都の病院だったら大変でした)
父も含めた家族・親戚がこのひと月の間、泊まりがけで入れ替わり立ち替わりお見舞いに来てくれましたので、そのお世話もありましたし、さらに母の看病も…で、まさに息つく暇もない、という状態。
オットが「このままではあなたの心が折れてしまう。難しいかもしれないけど、少しでも自分の時間を作るようにしてほしい。あなたが元気でないとお母さんに元気を分けてあげられないですよ」と言ってくれたので、いつも通りお料理をしたり、たまにはお菓子を作ったりと、うまく気晴らししながら乗り切ることができました。
オットにはたくさん助けてもらいました。
とくに毎朝の「お母さんをよろしくね」という一言が一番嬉しかったなぁ。

おかげさまで、母を大阪へ搬送することができそうです。
三重にいる間に何度か危篤状態になり、もうダメかとも思ったのですが、ここまで回復してくれてほんとに嬉しいです。
母は「あなたの作ってくれた野菜ジュースのおかげ」と言ってくれました。なにも食べられない状態でも、私が朝晩届ける「小松菜とにんじんとりんごのジュース」だけは飲めたのですよ。

こんなどたばたの毎日でも、ささやかな幸せを感じられる余裕を持っていたくて、できるだけ普段通りの暮らしをするように心がけてました。
でもパソコンに向かう時間があったら少しでも寝たい!というのが正直なところ。
「明日こそはブログを更新しよう」と思うことの繰り返しで、ずいぶん更新から遠ざかってしまってました。心配をかけてしまってごめんなさい〜。
いただいてるメール、とっても嬉しく拝見しています。
また後日あらためてお返事いたしますね!

これはフランクフルタークランツ。信太康代さんのレシピです。
d0040300_17135036.jpg

軽い食感のスポンジにバタークリームとラズベリージャムをはさみ、あめがけのアーモンドダイスをまわりにまぶしています。
このバタークリーム、とってもおいしいです。
かなりの甘党さん向きのケーキかなぁ。私は1センチ幅にスライスしていただいてます。(オットは6センチ幅…)
d0040300_1714160.jpg

これは病院の待合室に置いてあった「きょうの料理」のレシピを書き写し、家に帰ってから焼いたもの。「黒糖マドレーヌ」です。
はちみつと黒糖の甘みが複雑な味わい。
パティシェのレシピはさすがに完成度が高いです〜。とってもおいしかった♪
d0040300_1716295.jpg

一日六時間程度病院に詰めているのですが、合間合間に家に帰って、母に持っていくジュースを作ったり、夕食の準備をしたりしています。
そんな中で、冷めてもおいしいレシピ、すぐにできるレシピは重宝しました。
オットからは「あなたは忙しいときのほうが、作る夕食が豪華な気がする」と鋭い一言。
私にとって料理はストレス解消というか、いい気晴らしなのです。
(親戚がいるときはさすがに写真は撮れませんでしたけど)
これは豚しゃぶのおろしソースとおむすびとこんにゃくの煮しめ、たけのこの木の芽和え。
d0040300_17141440.jpg

ぶっかけうどん、挽肉と薬味野菜のレタス巻き、ふきの炒め煮、なすの中華風煮浸し、たけのこの白あえ。
d0040300_17142470.jpg

川魚(やまめだったかな…いわなだったかな…)の塩焼き、肉じゃが、小松菜のおひたし、春菊のからしあえ。
d0040300_17143651.jpg

牛肉といろいろ野菜の中華風炒め、せりのおむすび、たけのこのおむすび、ごぼうのマヨネーズサラダ、ごぼうのきんぴら、アスパラガスのポタージュ。
d0040300_17144847.jpg

海南チキンライス。
d0040300_17145947.jpg

海南チキンライスの残りで作った翌日の朝ご飯。
d0040300_1715985.jpg

ところでマカロンストラップ、かわいいですね!
三重ではペットボトルのジュースが80円で売られていることが多いので、気軽に集められてしまいました。
d0040300_17154260.jpg

特に気に入っているのが黄色と緑です。
d0040300_17155259.jpg

[PR]
by 2005choco | 2008-04-27 17:21 | 日記
<< パンとお菓子いろいろ ココナッツ風味のパイナップルケ... >>