自分へのお祝い

誕生日に夫に連れて行ってもらったランチではお酒をいただけなかったので(車だったので)、やっぱりワインを飲みたい!という気持ちにかられて、あらためて家でお祝いをさせてもらいました。
今回は「予算はワインを含めて二千円まで!」と決めて作ってみました。
こういうこと結構好きなのです。盛りつけでわりと豪華に見えたりするのが楽しくて。
テーブルクロスはお気に入りのリネンを使って作ったお手製です。
ワインはチリ産で680円。チリの赤ワインのスモーキーな香りは私好みです。
◎人参菜とじゃこと醤油漬けにんにくのスパゲティ
◎フランスパンとフルーツカンパーニュ
◎レーズンバター
◎いちじくの生ハム添え
◎ポトフ
◎タイのカルパッチョ風サラダ
◎チリワイン(フロンテーラ)
d0040300_1253360.jpg

いちじくに添える生ハムは薄いのがおいしいです。
このお皿はフランスのアルザスで買ったもの。表面が微妙にでこぼこしているところが手作りっぽくてとても気に入ってます。
後ろのドットのボウルもアルザスで買いました。黒に見えるけど焦げ茶です。
d0040300_1254524.jpg

ポトフはじゃがいもと長ネギと玉葱、人参、豚ヒレ肉、ソーセージが入っています。
お皿はStudio'mのものです。後ろの茶色い角皿は神戸にあるフランス雑貨のお店で。
d0040300_1255852.jpg

誕生日ケーキは自分で作ろうかとも思ったのですけど、どうしてもこれが食べたくなりました。
ユーハイムのフランクフルタークランツです。
弟が大好きで、実家での誕生日ケーキはいつもこれ。
私と弟は誕生日が二日違いなので、いつも中日にまとめてお祝いするのが常でした。
私はこのフランクフルタークランツはそれほど好きでなかったのですが、母のことを思いだして久しぶりに食べてみたくなりました。
d0040300_12687.jpg

記憶に残る懐かしい味。
ふわふわのスポンジに、さっぱりしたバタークリーム。
こんなにおいしいものだったのですね。
自分で作ったもの〈その1〉〈その2〉とはまた違ったおいしさです。
d0040300_1262053.jpg

自分へのプレゼント(笑)は巨峰山盛り。
葡萄、大好きなんです。
フルーツ狩りにはあまり興味がないのですが、葡萄狩りには行きたいと思うくらい。
d0040300_1263134.jpg

病床の母を思いだしてどうしても作れなかった朝食の生ジュース、最近再開しました。
(ミキサーは平気でしたが、どうしてもジューサーに触れなかったのです)
母に作ってあげていた小松菜とにんじんとりんごのジュースはまだまだ作れそうにないけど、これはにんじんとりんごのジュース。とてもおいしいです。
d0040300_1264272.jpg

リプトンリモーネのおまけストラップ、新作が出ましたね!
今回はコンプリートするつもりはありませんが、あとシュークリームが欲しいなぁ。
いつもながら精巧な作りに感心させられます。
d0040300_1265449.jpg

[PR]
by 2005choco | 2008-10-05 12:36 | 日記
<< 中身のないモンブラン ヘリオスのポット >>