中身のないモンブラン

実家の父が、農業をやっている親戚の手伝いをしに九州に帰っています。
先日「栗がたくさんあるけど、いる?」とメールがあり、「少しなら欲しいです」と返事をしたところ、届いたのは6キロほど。お父さん、二人家族には多すぎます…。(^_^;

せっかくの父の好意ですから、がんばって食べなくては。
栗ごはんにする用に少しとりわけて、残りはマロンクリームにして冷凍しました。
栗をゆでて中身をスプーンでかき出し、砂糖とラム酒を加えてフードプロセッサで混ぜるだけ。
といっても栗は堅いので、かなりの重労働。指にまめができてしまいました。
でもその甲斐あって、とってもおいしいマロンクリームがどっさり。
パウンドケーキの生地に混ぜたり、ロールケーキのクリームにしたりするとおいしいだろうなぁ。
あっ、パンに塗ってもおいしいかも…。

今日はできたてのマロンクリームに生クリームを混ぜて、モンブランを作りました。
といっても、マロンクリームを小皿に絞り出すだけなので、とても簡単です。
夫はケーキ屋さんで必ずモンブランを頼むほどのモンブラン好き。
ちなみに夫はマール・ブランシュのモンブランが一番好きなんだそうです。
甘すぎるモンブランは苦手な私も、そこのモンブランなら好き。
今日は中身の生クリームやスポンジはなしで作ってみました。マロンクリーム自体も甘さ控えめです。
夫は休日出勤なのでまだ食べてもらってないですけど、なんて言うかしら。楽しみです。
d0040300_17374076.jpg

ある日のお弁当は、夫のリクエストで作ったチキンライス。
少しとりわけて自分のお昼ごはんにしました。
お皿の下のクロスは、フランスのモンマルトルで買ったハーフリネンです。
びっくりするほど安くて、メーター500円くらいでした。
d0040300_17375057.jpg

ある日の夕食。
きのこの炊き込みご飯、豚の生姜焼(薬味野菜添え。「分とく山のかくし味」という本のレシピです)、厚揚げと小松菜のさっと煮、わかめと玉葱の味噌汁です。
d0040300_1738012.jpg

ある日のお弁当。
薄切り豚肉に梅とシソをはさんだカツ、卵焼き、にんじんとズッキーニの炒め物、エリンギのレンジ煮です。
d0040300_17381040.jpg

お風呂には必ず入浴剤を入れてます。
いろいろ試すのが好きなんですよね。(ちなみに無印良品は全種類制覇しました!)
ドラッグストアでバスクリンの数量限定品「白ぶどう&ピオーネの香り」を見つけました。
葡萄のグミキャンディを思い出す香りです♪
d0040300_17382046.jpg

[PR]
by 2005choco | 2008-10-11 17:59 | 日記
<< モンブランに一工夫 自分へのお祝い >>