「ほっ」と。キャンペーン

ピンクのばら

切り花はほとんどと言っていいくらい買わないほうだったのですが、最近は気に入ったものを見つけたら買っています。
かわいいマーブルピンクのバラを母の写真の横に飾れるように小さく生けました。
残りのバラで絵を描いてみよう。難しそうだけど…。
d0040300_132552.jpg

へでのおうちにおじゃましたときに連れて行ってもらったかわいい雑貨屋さんで買ってきたものたち。
木のうつわと、マスキングテープです。
マスキングテープは自分でもびっくりするくらいたくさん持っているのですが、ほとんどが無地。
かわいい柄と組み合わせると無地のテープが活きそうで楽しみです。
木のうつわはおやつやパンを入れて使うつもりです。
d0040300_133348.jpg

我が家の夕食はだいたい夜九時半から十時半の間くらい。
メインのおかずのメニューを買い物に行く前に決め、サブのおかずは夜の七時頃に冷蔵庫の在庫を見てから決めます。(なので、冷蔵庫にはいつもいろんな食材が入っています)
作るおかずの数が多いときは、メニューを書き留めます。そのほうが時間配分などやりやすいので…。
それに、メニューを書かないでいると、一品作り忘れたりするのです。(汗)
夜八時頃から作り始め、九時には大体出来上がるようにしています。
d0040300_1331121.jpg

ある日の夕食。
豚の生姜焼、にんじんのきんぴら、ほうれんそうのごまあえ、トマトとキュウリのサラダ、ふき味噌豆腐田楽、お味噌汁(何の具だったか忘れました…)。
d0040300_1331980.jpg

白菜と豚ひき肉と春雨の煮物、ほたての蒸しもの、水菜のサラダ、さつまいもと厚揚げのお味噌汁です。
d0040300_1332726.jpg

スペアリブのマーマレード煮、ブロッコリーの白あえ、にんじんと水菜のサラダ、わかめとじゃがいもとネギと油揚げのおみそ汁。
マーマレード煮はへでのおうちで作らせてもらってとってもおいしかったので、自宅でも作ってみたのです。でも全然違う…。
へでのおうちでいただいたのはとってもおいしい特別な豚肉を使っていました。
作る人間が同じでも、素材で全く違ってしまうものなのだなぁ…と実感。
おいしくて安全な食べ物を探したり、時には自分で手作りしたりといったへで夫妻の『食』に対する真摯な姿勢に私はいつも感銘を受けています。
今回はおみそ汁の美味しさにも感激。味噌のおいしさもさることながら、だしが絶品で…。
私はいつもかつおぶしでだしをとるのですが、へでのおうちではかつおぶし、昆布、にぼしの三種類でとっていました。それがなんとも複雑でえもいわれぬ味わい。
ぜひ夫にも食べさせたくて、おすそわけしてくれたおいしいかつおぶしと、煮干しと昆布を使ってだしをとりました。
「いつものよりおいしい!」と夫にもとても喜んでもらえました。
d0040300_1333713.jpg

昨日のお弁当。
ねぎとしそ入りつみれの照り焼き、さつまいものバター焼き、卵焼き、厚揚げと小松菜の煮物、にんじんと水菜のサラダ、ふき味噌のせごはんです。
d0040300_1334573.jpg

↓へでのおうちにおじゃましてきました。下に日記を書いています。
[PR]
by 2005choco | 2009-01-30 13:39 | 日記
<< ベネチアンガラスのスプーン はじめての味噌作り >>