知多半島に行ってきました

GW、へで夫妻と知多半島に行ってきました。
お天気と渋滞を心配していましたが、どちらも大丈夫。とっても気持ちの良いドライブを楽しめました。(へでのだんなさま、運転と道案内、ありがとうございました♪)
実は知多半島へ行くのは初めて。
日間賀島という小さな島の民宿に泊まりましたが、アットホームでごはんもおいしくて大満足でした。また行きたいなぁ。
d0040300_14525246.jpg

日間賀島と南知多で買ったものたち。
真鯛の干物、いかの塩辛(これは夫が選んでました)、桜えび、赤しゃえびのせんべい、さらし天草(ところてん・寒天の原料)、干しだこ、焼き海苔(これは民宿の人からいただいたおみやげ)、あなごの干物です。
d0040300_14525992.jpg

民宿の夕食に出たデザートは角切り寒天のきなこがけでした。
夕食を山ほど食べておなかいっぱいになっていたため「一口だけ食べて残そう」と思っていたのですが、今までに食べたことのない風味と食感に感動してしまい、あっというまに完食。(笑)
「これ、普通の棒寒天で作ったのと違うよね?どうやって作るんだろう…」と首をかしげている私を見て、へでが民宿の人に作り方を聞きに行ってくれました。
やはり棒寒天ではなく、天草を鍋で煮溶かした液を漉し、固めて作った物だそう。
天草が島のみやげもの店で売られていると聞き、早速買って帰りました。(上写真の右上です)
さらし天草25グラムと酢小さじ2杯、水2リットル弱を火にかけてぐつぐつ煮込むこと40分…。
その時点では磯の香りがきつくてちょっと心配になりましたが、型に流して冷ますと民宿でいただいた寒天と全く同じものが出来上がりました。
とってもおいしい〜♪ はまりそうです。
ところてん突きを買ってきて、ところてんにもチャレンジしてみようかな。
↓家で作った寒天の写真です。
d0040300_1453815.jpg

帰りは常滑に寄りました。
街並みがとても素敵で、ただ散策するだけでも楽しかったです。
アンティーク雑貨を扱っているお店を見つけて、ちょこちょこお買い物。
夫に「常滑焼を買わずにそんなのを買ってどうするの?」とあきれられました。
手前のは来客用の灰皿にするつもり。280円でした。
置いておいてもかわいい灰皿が欲しかったので嬉しいです。
左奥のガラスのお皿はパイレックスのもので、日本製。これも一枚280円です。
果物を盛ったらかわいいだろうなと思い選びました。
右奥のはノリタケの古いケーキ皿で、一枚240円。
本当はグレーの縁取りがあったようなのですが、ほぼかすれて消えてしまっています。そんな風合いも気に入って選びました。
d0040300_14531542.jpg

とっても楽しい数日間でした。
へで、へでのだんなさま、どうもありがとう♪
[PR]
by 2005choco | 2009-05-09 15:29 | 日記
<< リバティのキルトバッグ お菓子づくし >>