「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ドーナツ

昨日は夫が休日出勤。
私は久々にドーナツを作りました。
夫はパンタイプ(ミスドでいえばリッチドーナツのシュガーレイズド)のドーナツが好きなのですが、私はクッキータイプ(ミスドのオールドファッションですね)のドーナツも好きです。
とはいえ、こちらはカロリーが大分高め…。
なので、私自身は一度も作ったことがありません。
実家の母がおやつに作ってくれていたドーナツはクッキータイプだったので、久しぶりに食べたくなりました。
帰宅してテーブルの上のドーナツを見た夫は「わ〜、おやつはドーナツですね」と大喜びでしたが、一口食べて「…ん?何か違う?」という顔をしていました。(笑)
d0040300_11291611.jpg

クッキータイプはずっしりしているので、一個でもおなかいっぱいになります。
ところでこの形、かわいくありませんか?
昨年手に入れて以来、ずっと使ってみたかった花の形のドーナツ型です。
d0040300_1129241.jpg

編み図をあまり見なくても編める(笑)円形ドイリーを編みました。
d0040300_11293178.jpg

とっても簡単だったので、調子にのってもう一枚。
d0040300_11293987.jpg

さらにもう一枚。(笑)
三枚並ぶとチョコレートみたい。もちろん緑は抹茶チョコです。
d0040300_11294772.jpg

昨日の夕食はタイ料理づくし。
ズッキーニといんげんと茄子と豚肉のレッドカレー炒め、いかとセロリのレモングラス風味サラダ、えびせん、モロヘイヤのポタージュ、おむすび。
d0040300_11295639.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-28 11:51 | 日記

手作りケチャップのオムライス

残りのトマトのうち、5個は冷蔵庫へ。
10個はケチャップにしました。
出来たてほやほやのケチャップをオムライスにたっぷりかけてみました。
トマトの味がびっくりするくらい濃くて、もうなんと形容して良いやら…美味しすぎます!
今度はナポリタンも作ってみよう。
d0040300_11513555.jpg

ドイリー、もうひとつ出来上がりました。
これ、ふち編み部分が難しくて…。編み図とにらめっこしないといけないものは苦手です。
でも、適当に編んでもだいたい形になるものだということがわかりました。
円形のドイリーも苦手なので、気軽に編めるようになりたいです。
d0040300_1158367.jpg

巾着に糸ととじ針と編み針とはさみを入れて、いつも持ち歩いています。
特に(義父の)病院での待ち時間、いい暇つぶしになるんですよ。
洋裁やぬいぐるみと違って、思い立ったらいつでもどこでもできるのがかぎ針編みの良さですね。
d0040300_1146057.jpg

ある日の夕食。
かれいのムニエルのアンチョビケッパーソース、じゃがいもとわかめの味噌汁、マカロニときゅうりとハムの炒め物、厚揚げと小松菜の煮物、トマトの和風サラダ。
d0040300_1146797.jpg

今日のお弁当。
豚肉の人参巻き、卵焼き、ねぎ塩ちくわ、プチトマト、ズッキーニとじゃがいものチーズ風味ソテー。
d0040300_11461499.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-26 12:09 | 日記

21個のトマト

一箱900円で売られているのを見つけて思わず衝動買いしてしまったトマト。
生で5〜6個は食べられるとしても、残りはどうしよう…。
d0040300_1513482.jpg

というわけで「手作りトマトケチャップ」を作りました。
レシピは「『ガラスびん』で作る、おすそわけの保存食の本」から。
調味料がほとんど入らない(お砂糖と酢、塩がほんのちょっぴり)ので、「ほんとにおいしいのかなー?」と半信半疑で作り始めたのですが、できあがりをぺろっと味見してみたところ、あまりのおいしさに衝撃を受けました。
トマトってこんなに甘くて味が濃いものだったのですね。
プレーンオムレツやオムライスにかけて食べたいです。
5個のトマトから、ジャムびん2つ分のトマトケチャップが出来ました。
常温で半年保存できるみたいなので、もうちょっと作ってみようかな。
パスタやラタトゥイユ、スープ、カレーなど、他の料理へも応用が利きそうです。
d0040300_15135763.jpg

残り16個のトマト、ケチャップにするかトマトソースにするか悩み中です…。
d0040300_1514572.jpg

梅干し、無事に赤じそ漬けの段階までたどり着きました。
初チャレンジでいきなりかめを買うのもなぁ…と思い、今回は袋漬けにしてみたのですが、お手軽でいい感じです。そのかわり、しょっちゅう上下をひっくりかえさないといけないのですけれど。
土用干し用のざるは他の物で代用できなさそうだったので、買ってきました。(498円でした)
今年上手くできたら、来年からはかめで漬けてみようかなと思います。
d0040300_15141382.jpg

アップルマンゴー酢、水で割ったら夫も飲んでくれました。ほっ。
でも米酢の独特の後味が苦手な様子だったので、今度はゴールドキウイ+りんご酢でチャレンジ。
いくらおいしくても毎日飲むと飽きてくるので、今回は少なめにしました。(笑)
酢のびんに書かれているフルーツ酢のレシピには『フルーツ1+酢2+氷砂糖2』とありますが、私は同率で作っています。そのほうがフルーツの味が濃くて美味しいと思います。
d0040300_15142255.jpg

トマトと一緒に買ってきたなす。
いつもならラタトゥイユを作るのですが、最近は焼きなすがお気に入りです。
たくさん作っておいて、ポン酢やだし醤油で食べたり、味噌汁の実にしたり…。
あっというまになくなってしまいます。
父の畑でもそろそろなすがたくさん採れるころかな?楽しみです。
d0040300_15143064.jpg

方眼編みのマット、二枚目が完成しました。
コットンの糸なので、これからの季節、たくさん活用できそう。
同じデザインでコースターも作ってみようかなと思います。
d0040300_15143950.jpg

ある日の夕食。
ハンバーグとパプリカのポタージュです。
d0040300_15144722.jpg

夫のリクエストで、久々に豚の角煮。
これをどかんとメインにするとカロリーが心配なので、サブのおかずをたくさん作りました。
トマトの塩サラダ、にんじんとひじきとピーマンの炒め物、高野豆腐、水菜の塩ぽんず和え、焼き茄子のおかか和え、にらと卵のおみそ汁です。
d0040300_15145796.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-23 15:45 | 日記

梅酒いろいろ

九州の伯母から、5キロの梅が届きました。
今年は梅干しも作りたいから少し多めに欲しいと伯母におねだりしていたのですが、伯母の頭の中には“楽しいから梅干しを作る”という概念はないようで、「梅干しならうちでも作ってるから、出来上がったら送ります。あなたはゆっくりしなさい」と言われました。(笑)
まぁ、南高梅で2キロ漬けたからもういいかな。
伯母の梅干しは母のと同じ味なので嬉しいです。
かわいがっていた妹の子どもということで、伯母は私のことを娘のように思ってくれています。
伯母がいなかったら私はこんなに早く元気になれなかったかも…。感謝・感謝です。

5キロの梅というと、1.8リットルのホワイトリカー5本ぶん。
うーん、一年で同じお酒ばかりをそんなに飲めません…。
少し考えた末、今年は少量ずついろんな種類で漬けてみることにしました。
それなら遊びに来てくれたお客様にも楽しみながら飲んでもらえそうですし。
近所の酒屋さんで、何種類かの洋酒を見繕ってきました。
一番安いものを選んできたとはいえ、ホワイトリカーと比べてコストは倍以上になります。
d0040300_1594497.jpg

左から、「ブランデー梅酒」、「ドライジン梅酒」、「ウォッカ梅酒」、「ホワイトラム梅酒」、「梅のはちみつ漬け」、「プレーン梅酒」。
昨年漬けた「黒糖梅酒」もまだ残っているので、六種類の梅酒の飲み比べが出来ます。楽しみ♪
d0040300_1595214.jpg

アップルマンゴー酢の果肉を、水+氷といっしょにミキサーにかけました。
こっちのほうがすっきりしていて飲みやすいです。夫、飲めるかなぁ。
そうそう、毎朝酢を飲むようになって変わったこと。
(1)むくまなくなった
(2)汗っかきになった
以上です。新陳代謝が良くなっているのかしら?
d0040300_1595910.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-19 15:27 | 日記

バナナと甘夏ピールのバターケーキ

先日作った甘夏ピールをバナナのバターケーキに混ぜて焼いてみました。
d0040300_1731282.jpg

生地にちょこっとオレンジジュースも入れて、ピールとのなじみを良くしてみたつもり。
でも甘夏ピールがちょっと多すぎたかも…。バナナの風味が薄れてしまいました。
下のブルーのマットは私が編みました。
よく見るとドット模様になってるんです。
気に入ったので、もう一枚編もう♪
d0040300_1732167.jpg

これも最近編みました。
王冠の絵を編み込んであります。
これくらいのサイズなら3時間くらいで編めるようになりました。
d0040300_1732915.jpg

2009年夏限定マグはムーミンパパでした。
ちょっとレトロチックなイラストが素敵。
夫、「え、また出たの?」とびっくりしつつも新作を楽しみにしている様子です。
d0040300_1733654.jpg

アップルマンゴー酢が完成しました。
果肉もいっしょに消費したくて、牛乳と一緒にミキサーにかけたら、ヨーグルトドリンクみたいな味になりました。
マンゴーラッシーみたいで私はとても気に入ったのだけれど、夫は「なんだかマヨネーズを飲んでるみたい…。ごめん、牛乳と混ぜるのは勘弁して!」とギブアップ。(涙)
明日は水+氷+アップルマンゴー酢をミキサーにかけてみようと思います。
d0040300_1734325.jpg

ここのところ毎日のように保存食を作ってます。
新生姜の甘酢漬け(飛田和緒さんレシピ)、薬味みそ(高山なおみさんレシピ)、にんにくみそ(伊藤まさこさんレシピ)。
薬味みそにはみょうが、ねぎ、シソ、にんにく、葉生姜などが入っています。ごはんのおかずにぴったり。ひと夏はもつそうです。
もっといろいろ作りたいけど、冷蔵庫の空きスペースも確保しておきたいし…悩むところです。
d0040300_1735110.jpg

ある日の夕食。
しゅうまい、キムチの味噌汁、がんもと水菜の煮物、きゅうりの薬味味噌添え、自家製なめたけ。
d0040300_174077.jpg

ある日のお弁当。
コールスロー、にんじんとひじきとピーマンのめんつゆ炒め、卵焼き、プチトマト、揚げ肉だんごのケチャップ添え。
d0040300_174887.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-17 17:25 | 日記

ココナッツとレモンのカリカリクッキー

先日カルボナーラを作ったときに大量の卵白が余ったので、上田悦子さんの「こんがり、焼き菓子のシンプルレシピ」という本から「ココナッツとレモンのカリカリクッキー」を焼きました。
マカロンみたいな食感でとってもおいしいです。
でも外側がすぐにしっとりしてしまうので、焼いたその日に食べるのが一番おいしいかも…。
上田さんの本は私がお菓子作り初心者だったころにたくさんお世話になりました。
思い立ったら手軽に作れてしかもおいしいというレシピがたくさん載っています。
d0040300_182305.jpg

なんだか柿みたいですよね。(笑)
数日前に「アップルマンゴー酢」を作ってみました。
一月ほど前から、毎朝市販のフルーツ酢の水割りを飲んでいるのですが、「もうちょっと甘さ控えめだったら嬉しいのになぁ」と思い、自分で作ってみることにしました。
夫の一番好きなフルーツがマンゴーなので、最初はマンゴーで。
これをベースに、今後は甘さを調整していこうと思います。
d0040300_1823818.jpg

梅干しも漬けています。
これはスーパーで買ってきた南高梅を黄熟させている最中の写真。
伯母が裏山の梅を今年も送ってくれるそうなので、そちらでも漬けてみようと思います。
d0040300_18231579.jpg

ある日の夕食。
そうめん、かき揚げ、焼き空豆、パンチェッタ、カマンベールチーズ、ワイン。
d0040300_18232283.jpg

かき揚げは、「みょうが&しらす」と「そらまめ&玉葱&桜えび」。
d0040300_18233284.jpg

豚しゃぶのサラダ、米なすの田楽、こんにゃくの酢みそ和え、じゃがいもの味噌汁です。
豚しゃぶは「豆板醤&マヨネーズだれ」と「ごまだれ」の二種類のたれを作ったのでお皿を分けました。
d0040300_18234135.jpg

ある日のお弁当。
豚肉と玉葱の生姜焼き、にんじんのきんぴら、キャベツの胡麻酢あえ、卵焼き。
d0040300_18235032.jpg

とうもろこしごはん、牛肉のバターじょうゆ焼き、卵焼き、キャベツの胡麻酢あえ、水菜の中華風おひたし。
d0040300_18241126.jpg

鶏そぼろとピーマンのおかか炒めといり卵のせごはん。
d0040300_18242031.jpg

↓伊勢志摩ドライブの日記も更新してます
[PR]
by 2005choco | 2009-06-11 18:38 | 日記

大王崎灯台

先週末、夫が「どこでも好きなところへ連れて行ってあげるよ」と言うので、「伊勢志摩!」とリクエストしました。
夫婦岩に鳥羽を経由して、大王崎灯台へ。
ここへは以前にも一度来たことがあります。
雲ひとつないお天気に恵まれ、とっても気持ちよかったです。命の洗濯(おおげさ?)ができました。
義父のお世話に通うようになってから夫が優しい気がします。(笑)
d0040300_1894464.jpg

鳥羽にお住まいの方でしたら、この写真を見てどこのお店かすぐわかるかも。
一時間待ちで入った「漣」というお店でいただいた海老フライ定食とお刺身定食。
海老が大きくてぷりぷりでとってもおいしかったです。また食べたいー!
あとどれくらい三重にいられるかわからないけれど、住んでいる間にもっともっと三重のすばらしさを満喫したいなぁと思います。
d0040300_1895171.jpg

数日前の日記のコメント欄でレディグレイのことを書いてから無性に飲みたくなり、買ってきました。
アールグレイはちょっと苦手な私ですが、これはホントにおいしいと思います。
洋酒をちょっとたらしてもいけるんですよ〜♪
(右側にお手製レフ版が写りこんでしまいました。汗)
d0040300_1810045.jpg

柑橘系の皮と、矢車菊の青い花びらがキレイで、蓋をあけるたびに見とれてしまいます。
でもレディグレイの缶のデザイン、知らない間に変わったのですね。
今の方が開けやすいけど、私は昔の方が好きだったなぁ。
d0040300_1810759.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-11 18:21 | 日記

甘夏ピール♪

無農薬栽培の甘夏が3個手に入ったので、皮を甘夏ピールにしました。
皮を何度かゆでこぼした後、白いわたをきれいにこそげ取り、砂糖と水を加えて皮が透き通るまで煮るだけ。
苦みもほとんど感じられず、そのままおやつに食べられてしまいそう。(食べませんけど)
パウンドケーキに焼き込んでみようと思います。
d0040300_1657568.jpg

義父のところへ行った日も今まで通り元気にごはんが作れるようになりました。
この日のメインは朝から調味液に漬け込んでおいたスペアリブに、お手製のみかんとライムのマーマレードを加えて圧力鍋で10分間煮込んだだけの「スペアリブのマーマレード煮」。
あとは父が送ってくれたそら豆のグリル焼、小松菜のにんにく炒め、トマトと紫玉葱のサラダ、なすと油揚げの煮びたし梅風味、わかめとそうめんふしのおみそ汁です。
d0040300_1658575.jpg

最近春巻きが好きになってきました。
私の揚げ方は「ためしてガッテン」という番組で紹介されていたもので、冷めてもサクサクしてるんですよ。
夫はいままで「春巻きは油っぽくて苦手」と言っていたんですが、この揚げ方なら油っぽくなくて美味しいそうです。
番組HPで揚げ方が見られますのでおためしください♪
中の具ですが、この日は玉葱とにんじんと豚ひき肉を炒めて、塩胡椒とだし醤油少々で味をつけて、最後に(まとまりを良くするために)片栗粉をまぶしたものです。
ゆでキャベツのごま酢あえ、きのこと油揚げの味噌汁を添えています。
d0040300_16581219.jpg

昨日のお弁当。
しいらの木の芽揚げ、卵焼き、ゴーヤの卵炒め、にんじんとセロリのきんぴら、混ぜご飯、ゴールドキウイです。
d0040300_16581984.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-04 17:22 | 日記

純生ロール♪

成功率ほぼ100%になった純生ロール、友達のおうち訪問の手みやげに作りました。
いま気づきましたが、「逆のの字」ですね〜。しまった…。
d0040300_16332949.jpg

いままで食器ふきはリネンクロス、台ふきは白雪ふきんを使っていましたが、このほどそれぞれ「和太布」「びわこふきん」に変えました。
半年前に試しに買った「和太布」がすっかり気に入り、そればかり使うようになってしまいましたので。
アルディンのリネンと特に気に入っているリネンはパン用にし、残りのリネンはキッチンで使うハンドタオルにしました。リネンの速乾性はさすがです。
d0040300_16333828.jpg

ダイソー、相変わらずお気に入りスポットです。
北海道旅行の計画を書くノートを調達しにいったところ、こんな素敵なノートを発見しました。
他にもグレーなどの色があったんですよ。
最近メモ魔になっていることだし、買いだめしちゃおうかな。
d0040300_16334599.jpg

図書館通い、続けています。
自分で買うほどでもないけど読みたいという本がたくさんあるので、いつもめいっぱい借りてしまいます。読み切れずに返却することも多いのですけれど…。
「おひとりさまの老後」は“死に別れ”のおひとりさまも対象だそうです。
いまなら気軽に読めそうだなと思い借りてみたのですが、読後は「うーん、これは裕福なおひとりさま向け?」という印象が残りました。でもおもしろかったです。

「介助とリハビリ」は義父のために借りてきました。
義父の入院生活が二年に及び、大阪の家族の負担が大きくなってきたため、先月三重の病院に転院させたのです。
週に4〜5回くらいお世話に通っているのですが、病院まで車で往復二時間かかるのと、これまであまり親しく話したことのない義父との二人きりの時間が気詰まりで、家に帰ってくるとどっと気が抜けてぐったりしてしまう毎日…。
でも昨年母のお世話に通っていた時の逃げ場のない辛さとは比べものになりません。
実際、二週間が過ぎて気持ちも身体もずいぶん楽になりました♪
今の生活パターンに慣れたのと、ただ「自分の好きな人のお父さん」というだけの存在だった義父に情がわいてきたせいもあるのかな?と思います。

実はいま夫に内緒で義父のリハビリのお手伝いをしているのです。
(義父、夫をびっくりさせたいんだそうです♪)
正規のリハビリの時間もちゃんとあるのですが、ベッドで自分でできるリハビリというのがあり、それを手伝って欲しいと頼まれました。これが私にとっても結構な運動になってますし、楽しいです。

これからもっと大変なことがあるのでしょうけど「自分が笑顔でいられる範囲でがんばろう」と思っています。(でもそんなことを言えて実際にそれを実践できるうちはまだまだ楽な状況なんだなと思う今日この頃…)
夫に「ごめんね。ありがとう」と毎日のように言われるのですけれど、義父や夫のためというよりは私のためだと思っています。
母を見送るときに痛感したのが、“できるときにできることをやっておかないと悔いが残る”ということ。
「その悔いをできるだけ小さくするために今がんばろうと思う」と話すと「あなたは辛くても黙って一人でしょいこんでしまうところがあるから心配なんですよ。限界だと思ったらすぐ僕に言って」と言われました。がんばりすぎると逆に夫にとって負担になるのかも…。
義父も今の病院に慣れてきたので、通うのは週3回ペースにしようかなと思ってます。
d0040300_163411.jpg

なので、晩ご飯がちょっと(かなり?)手抜きの日も…。
これは高菜とじゃこのチャーハン、豚バラ肉とジャガイモとニラの味噌汁、ヤムウンセンです。
d0040300_1634913.jpg

カルボナーラ、トマトと紫玉葱とシソのサラダ、グリーンピースのポタージュ、白ワイン。
d0040300_16341766.jpg

今までは夫を見送ってから一人で朝食を食べることが多かったのですが、今は二人一緒に食べるようになりました。
夕食は二人とも疲れていて黙りがちなのですが、朝だとおしゃべりしながら食べられるので楽しいです。
d0040300_16342563.jpg

夫が「お弁当、もう作らなくていいよ」と言うのですが、続いてます。
そのかわり昼ではなく朝作るようになりました。
冷めてもおいしいおかず、研究しなくちゃ…。
d0040300_1634323.jpg

[PR]
by 2005choco | 2009-06-02 18:02 | 日記